2015年02月16日

教えられる能力,伝える能力というのは凄く大切だと 思う。でもそういう能力って中々難しい!!


バスケットボール ブログランキングへ
(いつも応援ありがとうございます)


バスケに限らずですが,理解させるって難しいですよね。

指導者としては,きちんと伝える能力,理解させる能力が必要になる。


上手く伝わる1つの手段として,例え話がある。

その場にいる誰もがイメージできる,もしくわ体験した事がある事を

言うと理解力が高まる。

お笑い芸人のネタに笑ってしまうのには,

色々な要因があるが,誰もが1度は思った事とか,体験した事をなどを

ネタにする事が多い。勿論それが全てではないが,

難しい話とか新しい話をする時は必ず例え話を入れると分かりやすくなり,伝わりやすくなる。



ある例ですが,アインシュタインが相対性理論について聞かれた時

こういった例え話をしたとされています。

可愛い女の子と一時間一緒にいると、
一分しか経っていないように思える。
熱いストーブの上に一分座らせられたら、
どんな一時間よりも長いはずだ。
相対性とはそれである。

なるほどなと笑
(天才)

imgres-3.jpg

きちんと話した所でそのインタビュアーが理解出来るはずはない。

ここ最近まで理解できる人が世界で数人しかいないと言われてたんですから!

だけどそうやって言われたら,(なるほどーと思うまさしく天才(笑))


これが全てでは絶対ないが,誰でも理解出来ると思う。

誰もが分かるレベルに落としこんで説明するという事が伝わる1つの

手段だと僕は思っています。


勿論説明するには,自分自身で理解していないと説明できません。

例え話は誰でも分かる内容であればあるほど効果があると言われています。


あのキリストもこの例え話のスペシャリストだったといいます。

だからこそここまで信仰者が多くなったといいます。


宗教の話なんて本当に難しいです。

全員文字が読める時代ではなかったのにそこまで流行ったのは

理解させる能力,例え話の能力が優れていたといいます。

例え話をすると,理解力は恐ろしく上がるといいます。

たまに横文字いっぱい使う人とは,あえて難しい用語使う人がいますが,

それは止めておいた方がいいと思っています。



話をしたり,指導したりする時には,誰でも分かる内容で,

例え話を用いて話してみてはいかがでしょうか!?!?

そうする事で自分の伝えたい事が伝わりやすくなります。

参考にしてみてはいかがでしょうか!?!?





ランキング登録しているので,クリックしてくれると嬉しいです!!

バスケットボールランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。